同業他社比較で貴社の改善ポイントをお知らせします

自社と同業他社を比べて、何がわかりますか?

一般に、貸借対照表はその企業の財政状態を表し、損益計算書は経営成績を表すと言われています。
統計上、黒字の会社と赤字の会社では、財政状態や経営成績の会計数値が異なります。
もし、貴社が赤字の場合、同業種で売上規模も同じ程度の黒字・優良企業と比較(ベンチマーキング※)してみると、売上に対する仕入高の割合や従事員1人当たりの売上高等に違いが出てきます。
※ベンチマーキングには、『TKC経営指標(BAST)』を使用します。

そこから貴社の改善ポイントを探すことができます。

ベンチマーキングの実施をご希望の場合は、お気軽に当事務所にお問合せください。

『TKC経営指標(BAST)』は、TKCインターネット・サービスセンター(TISC)内にデータベース化されており、TKCシステムを利用して自社と同業種・同規模企業のデータとを比較し、経営改善のポイントを抽出することができます。

ベンチマーキングの手順

自社と同業種・同規模の目標モデルを選ぶ

『TKC経営指標』から目標とする企業(同業種で売上規模も同じ程度の黒字企業・優良企業)を選びます。

  → 目標モデル(A)

目標モデルから自社モデルを作成する

自社の「損益計算書」や「貸借対照表」の「構成比」を基に、選んだ「目標モデル」の数値を自社の数値に換算し直し「自社モデル」を作成する。

  → 自社モデル(C)


自社モデルと自社の前期実績数値を比較し、改善ポイントを抽出

「自社モデル(C)」と自社の「前期実績(B)」との差異を分析し、ここから改善ポイントを抽出します。

  → 改善ポイント(C-B)


「TKC経営指標」はなぜ精度が高いのか

  1. 「経営指標」作成プロセス
    『TKC経営指標(BAST)は、TKC全国会に所属する1万名超の税理士の関与先企業の「決算書」(貸借対照表、損益計算書)を基礎データとして集計されています。
    これらの決算書は、TKC会員事務所が毎月継続して実施した巡回監査と月次決算によって、その正確性と適法性が検証された会計帳簿に基づき作成されたものであり、法人税申告のために税務署に提出されたものです。

  2. データベースの規模と信頼性
    平成27年版は、収録企業数、約229,796社、1,041業種にも及び、これだけの精度と速報性を持つ中小企業の経営標は世界にも類をみないものであり、税務当局や金融機関等から高く評価されています。

金融機関の皆様へ

TKC全国会では、提携金融機関に対して、Web版の『TKC経営指標(BAST)を提供しています。

現在、全国130以上の金融機関と「TKC経営改善計画策定支援サービス」に関する協業の覚書を締結し、サービスを提供しています。

詳しくは、TKCグループホームページをご参照ください。

事務所概要

★ 事務所名
守屋聡司税理士事務所
★ 所長名
守屋 聡司
★ 所在地
東京都板橋区成増
3-12-2-5F
★ 電話番号
03-5904-0640
★ FAX番号
03-5904-0641
★ 業務内容
■独立、開業に関する支援業務

■各種税務に関する業務

■経理・会計・決算に関する業務
■経営相談・経営計画策定に関する業務

■相続税・贈与税などの資産税に関する業務

■購入・売却・贈与・相続などの資産対策に関する業務
★ メールアドレス
moriya-satoshi@tkcnf.or.jp
★ その他特記事項
夜間・土曜日・日曜日・祝日も対応いたします。(要予約)
守屋聡司税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

東京税理士会所属